読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚を食べよう!切り身レシピナビ by 切り身ニスト・すぎま

魚はさばけないけど、切り身はよく買う会社員でSEのすぎまが男らしく切り身料理を作りまくるブログ!

板状の酒粕がなかなか溶けなくて困っている方に伝えたい2つのこと

板状の酒粕を買ってしまった方へ

はじめに

「板状の酒粕を買ったけど、使いにくい!」と嘆いている方が「こうすればいいのか!」と思ってもらえるようなことを書きます。

板状の酒粕を液状にするためには、以下の注意が必要です。

1、ある程度の時間がかかると覚悟する。
2、酒粕を溶かす液体の温度に注意する。

それでは注意点を個別に解説しますね。

1、板状から液状へするのには時間がかかるものと割り切る。

結論から書きますね。
板状の酒粕を液状の酒粕に戻すには、1時間半かかります。

板状の酒粕を液状にするためには、
酒粕を日本酒に浸して、時間をおいてから潰すという工程を行ないます。
その工程をダイジェストでお送りすると、以下のようになります。

f:id:onikichikiFPN:20170505182806j:plain

↑板状の酒粕です、近所の酒屋さんで買いました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182807j:plain

↑細かくちぎって器に入れます。

f:id:onikichikiFPN:20170505182808j:plain

↑重さを量ります。(器の重さは引いてあります。酒粕の重さで91gです)

f:id:onikichikiFPN:20170505182809j:plain

酒粕を溶く日本酒です。

f:id:onikichikiFPN:20170505182811j:plain

酒粕と同量の日本酒を入れます。(酒粕より1g多いですが、気にしないでください)

f:id:onikichikiFPN:20170505182813j:plain

↑浸してから30分経ちました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182814j:plain

↑フォークで潰します。

f:id:onikichikiFPN:20170505182815j:plain

↑潰してもまだまだ溶け切らず、ちぎったままの原形とほぼ変わりません。

f:id:onikichikiFPN:20170505182816j:plain

↑浸してから60分経ちました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182817j:plain

↑潰してみたら、少し溶けてました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182818j:plain

↑浸してから90分経ちました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182819j:plain

↑だいぶふやけたので、混ぜているうちに溶け切りました。

f:id:onikichikiFPN:20170505182821j:plain

↑ちぎった原形がなくなれば完成です。

この状態になれば、固さは味噌と同じくらいなので、使いやすくなっていると思いますよ。

2、沸騰した液体をかけちゃダメ、絶対!

上の工程では日本酒を冷蔵庫から出してきて、酒粕と同量を使用しました。

「カップラーメンみたいに、熱湯を使えば90分もかからずに溶け切るだろう。」と、思う方がいるかもしれませんが、酒粕に熱湯をかけるのはNGなのです。

理由は、酒粕酵素は熱に弱いからです。

沸騰したお湯をかけた瞬間に、酵素は死滅してしまいます。

死滅してまうと、せっかくの酒粕の効果がなくなってしまい、残るのは日本酒っぽい香りだけということに・・・。

ホビークッキングフェア2017で酒粕のレッスンを受講しましたが、その時の講師の方も「板状の酒粕を液状にするには2時間くらいかかりますから、時間のある時に溶いておくと良いですよ。」と話していました。

板状でも、液状でも保存期間は変わらないそうなので、時間のある時に溶いて、冷蔵庫に入れておきましょう。

3、酒粕を使ったオススメレシピ

まずは、酒粕:味噌を1:1で溶いて漬け床を使っての粕漬け。

www.kiriminist.com

次は、大量消費したい時に作りたい粕汁
アルコール分を飛ばしたい時は、一度煮立たせてください。

www.kiriminist.com

4、おわりに

最近は発酵食品ブームで、甘酒、漬物、塩麹熟成肉など、栄養面で期待される効果や、時間をかけることで旨みがアップすることで注目されています。

酒粕は使いやすくするまでに時間がかかる調味料ですが、敬遠せずにぜひとも上手く活用してみてください!

--

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

過去のコラムはこちら。

www.kiriminist.com

www.kiriminist.com