今日は魚!切り身レシピ集 by 切り身ニスト・すぎま

魚はさばけない会社員でSEのすぎまが、男らしく切り身魚料理を作り続けるブログ!

【コラム】旅行中に食べた料理はSNSに投稿しよう!!

旅先でSNSに投稿することをためらってる人へ

旅先の写真や文章を投稿すると、友達に「コイツは自慢をしてるな。イヤな奴だな。」と思われること心配したり、「こんなに美味しそうなものを食べて羨ましい!」と妬まれることを恐れていませんか?

「インスタやTwitterのフォロワーはそんなにいないから。」と謙遜したり、「自分の口コミなんて見つける人はいない。」と、過小評価していませんか?

それらの心配はいりません!

これから旅行中にSNS内外に投稿した方が良い理由を書きます。

SNS内の友達に向けた発信

リアルタイムにすべきかどうかは投稿する内容によりけりですが、「ここに来たよ。」や「今日はここに行ってきたよ。」という情報は投稿した方が良いです。

投稿したあなたにとっては自慢かもしれませんが、閲覧した人は「へぇ、そんな面白い所なんだ」と思うかもしれません。「そんな場所があるなんて知らなかった、今度行ってみよう」と旅行する気になるかもしれません。

あなた自身も友達の投稿を読んで旅行してみたくなったことがありませんか?

SNS利用者の中には投稿はしないけれども頻繁に閲覧している人は一定数います。

閲覧している人が「私は○○に旅行しています。」というあなたの投稿を読んで、反応してくれる可能性があるんです。

自分の投稿を閲覧してる人がどこに住んでいるかをあなたが知らなくても、読んでる人が見つけてくれます。

人口の分布が都市部に集中していることは事実ですが、都市部以外や海外に人が住んでることも事実です。

わざわざ会いに行かなくても、空いた時間にお茶したり、現地の人だからこそ知る情報を得るチャンスです。

ネットとSNSが発達した今だからこそできる旅行の楽しみ方ではないでしょうか。

友達以外でも閲覧できるSNSやネットへの発信

場所が特定されるような投稿は、身の安全性を考えるとその場所から離れてから投稿する必要がありますが、そうでなければ、バンバン投稿しましょう!

これからの文章は飲食店で食べた料理を例として書きます。

レストランで食べたものであれば、写真やメニューの内容を加え、お店のある地名や英語も入れて、検索に引っかかりやすいようにしましょう。

外国に行くと日本のように写真付きのメニューはまずありません。

しかも、メニューの単語すら読めない場合が多々あります。

読めもしないメニューを注文するのは当たりハズレが大き過ぎます。

お店側からすれば、全てのメニューがオススメ料理なのでしょうが、お客さん側からすれば、全部食べられる程の胃袋は持ち合わせていません。

写真は見た目なので味はわかりませんが、文字情報よりはよっぽど伝わります。

食べたいものを紹介できない店は存在しないも同然なのです。

旅先で何か食べたい時に、今の人は検索をします。

その時にあなたの投稿した内容が役に立つのです。フォロワーの数に関係はありません。

何をどこで食べたかをバンバン投稿しましょう。

あなたの投稿した写真のおかげで、検索した人は自分の食べたいものを見つけることができるし、お店はお客さんを獲得できるんです。

さぁ、旅先で得た情報を投稿しましょう!

情けは人の為ならずではありませんが、投稿は人の為ならずです。

あなたの投稿したことが誰かの役に立ち、誰かの投稿があなたの役に立つかもしれないのです。

バンバン投稿しましょう!

----

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

【いか】野菜と一緒に炒めれば栄養たっぷり「みそ漬け」

いかの味噌漬け

https://www.instagram.com/p/BaIwV_ODCBf/

 切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

材料:いかの輪切り (一杯分)
   味噌     (大さじ1)
   酒      (大さじ1)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、いかに振り塩をして10分おき、出てきた水気をふき取る。

2、味噌と酒を合わせたら、いかを加え、ラップで包んで冷蔵庫で1晩おく。

3、温めたフライパンに油をしき、いかを加え、火が通ったら、キャベツ3枚を適当に切ったもの、ネギ1/2本を1cm幅に切ったものを加えて、キャベツに火が通ったら完成。

※一言
 味噌漬けされたものがお店に売っていますが、家でも簡単に作れますよ。
 火を通す時に野菜を加えれば、それだけで立派な一品になります。
 味付けは味噌床で十分なので簡単料理です。

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
いかの他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

味噌漬けを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--
Facebookページあります!

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

外国人に混じった台所で、あなたは何を作れますか?

・外国の旅先で共同キッチンが付いてる宿に宿泊

先日、ニュージーランドのテカポという人口400人程の村へ旅行しました。

星空で有名なこの村は、ニュージーランド国内外から星を見にくる観光客が沢山やってきます。

リゾート地なのでホテルのグレードも様々。

レストランやプール付きの高級ホテルや、相部屋ドミトリーまで幅広くあります。

私は相部屋ドミトリーの宿に泊まりました。

予約した部屋は男女混合4人の相部屋で、トイレ、シャワー、キッチンが共同でした。

値段は一泊3000円ほど。お安いんです。

台所は掃除が行き届いており、鍋や包丁、お皿は多くあり、ピーラーやすりおろし器もあり、とても充実していました。

・台所に立つ人は少ない

観光地な上に町の人口は400人なので、飲食店はそれほど多くありませんし、値段も観光地価格です。

テカポには食料品を扱っているスーパーが一軒あり、野菜や肉、調味料を買うことが出来ます。

テカポは山の中にある町なので、残念ながら、行った時には切り身魚は売っていませんでした(残念)

「台所付きの宿に泊まる人はどんな料理をするのかな?」と楽しみにしていたのですが、泊まっているお客さんの中で料理をしている人は割合としては少数でした。

インスタント麺を買ってきてお湯を注いでいるだけの人、サラダ用の野菜を買ってきて何も付けずに食べている人、パンをトーストしてクリームを塗るだけの人、リンゴをかじるだけの人。

旅先だからでしょうか、台所に立つ人は少なかったです。

その宿には二泊したのですが、初日と二日目に一人ずつ、日本人に会いました。

二人に話をすると、一人は31歳でオーストラリアでワーキングホリデーを2年間、もう一人は28歳で学生自体に海外ボランティア経験者で、海外経験が豊富な二人でした。

この二人、日本人らしい料理を作っていました。

・海外で料理するからこそ、日本の料理を。

海外経験が豊富なこの二人は、宿の台所でご飯を炊いてました。

一人は炊飯器、もう一人は鍋を使って。

台所でご飯を炊くことは、日本だったら日常の出来事ですが、海外の台所で、外国人に混じった中だと、それがいかに凄いことかを痛感します。

炊飯器に研いだお米をいれたら、時間をおいてお米に水を含ませるために、待ってる。

外国人の中に混じって、お米をはかって研いで鍋に入れ、スマホで時間を測りつつ、耳を傾け鍋の中の音を聞く。

その光景を見ながら、カッコイイと心から思いました。

歳下ながらもこの二人のことを尊敬しています。

日本人らしさをそこで見ることが出来たからです。

「せっかく外国に行ったんだから、現地の食材や調味料を使って料理がしたい。」と私自身思っていました。

そのつもりでスーパーの中に並んでいる食材を見ていたし、調味料売り場にも足を運びました。

散々迷った挙句に買った調味料は、
・KIKKOMANの醤油
です。

調味料の説明は全て英語ですし、どんな味がするのかも知らない調味料では料理できないんです。

買った醤油で作った料理は、
・鶏肉の手羽元
・豚肉のバター醤油炒め
・牛肉の照り焼き
・ラム肉の生姜焼き
です。

日本人なら誰もが知ってる味付けで、これまで作ってきたレシピを参考に作りました。

切り身魚があって欲しかったです(苦笑)

・鍋でお米が炊けるようになろう。

台所で二人が作った料理は、一人は牛丼、もう一人はみそ汁でご飯を海苔に巻いて食べていました。

わざわざ時間をかけてご飯を炊く理由を聞いたら、
「お米が好きなんですよね。」
と共通した答えが。

先日読んだ本にも書いてありましたが、普段とは環境の違う海外でエネルギーになってくれる料理は、
・どんな味のするかわからないものよりも、普段から慣れ親しんだ味のする料理
なのです。

旅先のレストランで食べる料理を否定しているわけではありませんし、海外で新しい調味料に挑戦することを止めているわけでもありません。

ただ、日本にいる時から新しい調味料に興味を持って、日々色んな料理を作っている人でないと、いつも作ってる料理しか作れないことを知って欲しい。

日本の味付けがする料理を海外で作っても恥ずかしがらないで欲しいのです。

私は切り身魚の料理をしょっちゅう作ってる人間だったので、「海外に行ったら、現地の調味料でなんでも作れる!」とテングになっていたのです。

台所でご飯を炊く日本人の姿はめちゃくちゃカッコイイですよ。

私も今回の件をきっかけに、月に一度くらいは、鍋でお米を炊いていきます。

そうすることで、今回の体験を思い出にすることができるし、自分の気付いていなかった日本人らしさを再確認できるからです。

次に外国の台所へ立つ機会がいつになるかわかりませんが、その日に備えて、常日頃から料理を続けていきます。


f:id:onikichikiFPN:20171019115541j:plain

【わかさぎ】コツは熱いうちに漬けダレに漬ける「南蛮漬け」

わかさぎの南蛮漬け

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BaIwN4GD1iz/

 材料:わかさぎ (約・10匹)
   玉ねぎ  (1/4個)
   人参   (1/2本)
   片栗粉  (適量)
   だし汁  (大さじ4)
   酢    (大さじ1・1/2)
   醤油   (大さじ1・1/2)
   砂糖   (小さじ2)
   赤唐辛子 (1本)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、わかさぎに振り塩をして15分おき、出てきた水気をふき取る。。
  玉ねぎは薄切り、人参は細切りに切る。
  赤唐辛子は中のタネを取り出し、4等分に切る。

2、わかさぎに片栗粉を薄くまぶす。
  だし汁、酢、醤油、砂糖、赤唐辛子を混ぜ、玉ねぎ、人参を浸しておく。

3、ノンフライヤーでわかさぎを180度7分で加熱し、熱いうちに2の南蛮酢に浸し、15分ほどおいて完成。

※一言
 わかさぎのように丸ごと食べられる魚は栄養たっぷり。
 小魚は一パックの中に沢山入っているのでお買い得です。
 南蛮漬けは食べきれなくても漬けておけば味がどんどんしみて美味しくなりますよ。

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
わかさぎの他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

南蛮漬けを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com--
Facebookページあります!

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

【ぶり】大量消費に役立つ「クミン炒め」

鰤のクミン炒め

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BaIwp2eD4Jd/

 材料:鰤    (1切れ)
   クミン  (小さじ1)
   にんにく (1かけ)
   酒    (大さじ1)
   キャベツ (3枚)
   パプリカ (1/2個)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、鍋に油をしき、クミンを入れて火にかけ、香りが出てくるまで火を通す。
  にんにくはみじん切りにする。
  キャベツは一口大に切る。
  パプリカは5mm幅のくし切りにする。

2、鍋に鰤をおいて、両面を焼く。
  鰤をひっくり返す時に、にんにく、キャベツ、パプリカ、酒を加えて蓋をする。

3、5分程蒸し焼きにして完成。

※一言
 スパイスはなかなか減らないものですよね。
 クミンには消化促進、食欲増進や抗がん作用などがあるとされています。
 スパイスは体の調子と合わせて使いたいですね^^

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鰤(ぶり)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--
Facebookページあります!

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

【まぐろ】ノンフライヤーがあれば簡単に作れる「唐揚げ」

まぐろの唐揚げ

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BaIwjFyDDGt/

材料:まぐろの刺身  (100g)
   醤油      (大さじ2)
   酒       (大さじ1)
   片栗粉     (大さじ2)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、ボウルに醤油と酒をまぜ、まぐろの刺身を加え、15分おく。

2、水気をきったまぐろに片栗粉をまぶす。

3、ノンフライヤーを使って、180度12分で温めて完成。

※一言
 沢山の刺身は食べきれませんが、火を通すことで沢山食べることができますよ。
 ノンフライヤーがあれば、唐揚げが本当に簡単です!
 揚げ油を用意する必要もないので、ノンフライヤーおすすめです!

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鮪(まぐろ)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

唐揚げを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--
Facebookページあります!

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

【さけ】叩いてこねるだけで簡単に作れる「汁物」

秋鮭のつみれ汁

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BaIweHiDt6y/

材料:鮭     (2切れ)
   味噌    (大さじ1・1/2)
   小麦粉   (大さじ1・1/2)
   山椒    (小さじ1/2)
   ごぼう   (1/2本)
   大根    (1/2本)
   人参    (1本)
   玉ねぎ   (1/2個)
   こんにゃく (1パック)
   豆腐    (1丁)
   豚肉    (200g)
   醤油    (大さじ2)
   水     (1L)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、下ごしらえをする。
   ごぼうは、ささがきにする。
   大根は、5mm幅のいちょう切りにする。
   人参も、5mm幅のいちょう切りにする。
   玉ねぎも、5mm幅のいちょう切りにする。
   こんにゃくは水で洗った後、適当な大きさに切る。
   豆腐は水を切り、適当な大きさに切る。
   秋鮭の皮をそいで、骨を取り除き、包丁で叩いてミンチ上にしたらボウルに入れ、ボウルに味噌を加えてよく混ぜた後、小麦粉を加えて粘り気が出るまで混ぜる。

2、大きめの鍋に油をしき、豚肉を炒める。

3、豚肉に火が通ったら、水、ごぼう、大根、人参、玉ねぎ、こんにゃくをいれ、弱火にする。

4、沸騰したら、秋鮭をスプーンで球状にまとめ、3の中に入れる。

5、醤油と豆腐を加えて、弱火のまま15分ほど煮て、完成。

※一言
 秋っぽく鮭をつみれにしてみました。
 具だくさんにすることでおかずにもなり、汁物にもなりますよ。
 最初は醤油ベース、後から味噌を入れれば、味がガラリと変わって楽しめます!

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鮭(さけ)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

汁物を作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--
Facebookページあります!

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!