今日は魚!切り身レシピ集 by 切り身ニスト・すぎま

魚はさばけない会社員でSEのすぎまが、男らしく切り身魚料理を作り続けるブログ!

【どんこ】市販の鍋の素がなくても簡単で作りやすい「チゲ」

どんこチゲ

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BbiVCkzjLJt/

材料:どんこ  (1パック)
   キムチ  (50g)
   水    (500ml)
   ごま油  (少々)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、鍋にごま油をしき、キムチを炒める。

2、炒めている音が出てきたら、水とどんこを入れて、弱火にする。

3、沸騰してから10分ほど経ったら完成。。

※一言
 寒くなってきたら鍋が恋しくなってきますね。
 そんな時にチゲはいかがでしょう。
 キムチをごま油で炒めるのがポイントです。旨味アップでおいしいです!

 

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

--
どんこの他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

チゲを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

----

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

【かつお】ノンフライヤーがあればシンプルに作れる「唐揚げ」

鰹の唐揚げ

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/Bba3eBGjrfn/

 材料:鰹のお刺身 (150g)
   醤油    (大さじ2)
   酒     (大さじ1)
   片栗粉   (大さじ2)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、鰹のお刺身を1cmの幅に切る。

2、ジップロックまたはビニール袋に鰹、醤油、酒を入れ、空気を抜くように封をして、冷蔵庫で1晩おく。

3、片栗粉をまぶし、ノンフライヤーで180度を18分揚げて完成。

※一言
 お刺身で余ったものは下味をつけて唐揚げにしましょう!
 今回は醤油と酒でシンプルな味付けにしました。
 ノンフライヤーの網にくっついてしまう場合は、キッチンペーパーの上に乗せると便利ですよ。

 

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鰹(かつお)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

唐揚げを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

----

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

写真が多めのレシピだから初心者でも簡単に作れる鰤の照り焼き

スーパーで切り身魚の鰤を買いました。

今回はこの魚を使って、和食の定番、照り焼きを作ります。

普段、料理しない人でもわかりやすいように写真を多めにしています。

f:id:onikichikiFPN:20171114123512j:plain

1.計量します。

 醤油 15ml

f:id:onikichikiFPN:20171114123504j:plain

 酒(無ければ水でも可) 15ml

f:id:onikichikiFPN:20171114123505j:plain

 砂糖 5g

f:id:onikichikiFPN:20171114123503j:plain

2.醤油と砂糖と酒(もしくは水)を砂糖が溶けるまで混ぜます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123502j:plain

3.フライパンに油をしいて、鰤をおきます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123457j:plain

4.鍋に火がギリギリつく位の火加減で鰤を焼きます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123455j:plain
 火加減は最初から最後までこれくらい。

f:id:onikichikiFPN:20171114123456j:plain


5.鰤を横から見た時に下から8割くらいの色が変わったらひっくり返して、焼きます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123454j:plain


6.キッチンペーパーで、鰤の周りの油をふき取ります。

f:id:onikichikiFPN:20171114123453j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123451j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123450j:plain

7.ひっくり返した面の焼き色がこれくらいになったら、2の合わせ調味料を入れます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123449j:plain

8.焼きながらタレをスプーンですくって、鰤にかけます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123447j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123446j:plain

9.液体がトロリとしたら火を止めます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123445j:plain
10.お皿に鰤を移します。

f:id:onikichikiFPN:20171114123444j:plain
11.タレをかけます。

f:id:onikichikiFPN:20171114123442j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123441j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123440j:plain
12.完成

f:id:onikichikiFPN:20171114123439j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123438j:plain

使った調味料についてです。

使いやすい基本の調味料しか使っていないので、下記のAmazonで買ったら他の料理に使うことができます。

醤油

f:id:onikichikiFPN:20171114123510j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123509j:plain

 

ヤマサ 有機丸大豆の吟選しょうゆ 1000ml

ヤマサ 有機丸大豆の吟選しょうゆ 1000ml

 

 砂糖

f:id:onikichikiFPN:20171114123508j:plain

カップ印 きび砂糖 750g

カップ印 きび砂糖 750g

 

 酒(なければ水で良いです。)

f:id:onikichikiFPN:20171114123507j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171114123506j:plain

以上です。

簡単なので、ぜひ作ってみてください!

----

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

【太刀魚・たちうお】ポイントは山椒を使うタイミング「山椒煮」

太刀魚の山椒煮

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/Bba3VkxDr7b/

材料:太刀魚    (2切れ)
   砂糖     (大さじ1/2)
   醤油     (大さじ1・1/2)
   みりん    (大さじ1・1/2)
   水      (100ml)
   酒      (100ml)
   山椒の粉末  (小さじ1)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、沸騰したお湯をカレイにかけて、臭みをとる。

2、鍋に砂糖、醤油、みりん、水、酒、山椒(小さじ1/2)を入れて火にかけ、山椒が沈んだら、太刀魚を入れる。

3、落し蓋をして、5分ほど強火で煮る。

4、器にもり、山椒(小さじ1/2)を振りかけて完成。

※一言
 立派な太刀魚を買うことができたので煮付けにしてみました。
 スパイスや薬味は大量に使う必要はなく、味以外に香りも楽しめるものであれば、煮ている時と食べる直前に振りかけるのがポイントです。
 山椒は和風の料理によく合いますので、ぜひ!

----

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

【イベントレポート】レシピブログアワード2017に行ってきました!

イベント概要

レシピブログという料理ブログを集めて紹介しているサイトのイベントであるレシピブログアワード2017に行ってきました。

f:id:onikichikiFPN:20171110200404j:plain

アワードを受賞した人は招待なのでしょうが、そうではない身なので自ら申し込んだら、当選したので参加できました。女性率が9割5分でした(汗)

場所はリビエラ青山という表参道の駅から10分ほど歩いた結婚式なども行われる会場。

イベントは12:00~14:00の時間で行なわれ、
一部 ブログ、部門別の授賞式
二部 豪華賞品の抽選会
という構成でした。

ブログの表彰では、以下の方々がいらしていました。
(今後の本ブログが発展するための研究対象にします!!)

f:id:onikichikiFPN:20171110200348j:plain

前段左:山本ゆりさん【含み笑いのカフェごはん】

ameblo.jp

前段中央:Mizukiさん【31CAFE~奇跡のキッチン】

lineblog.me

前段右:まりえさん【つくりおき食堂】

mariegohan.com

後段中央:たっきーママさん【たっきーママオフィシャルブログ】

lineblog.me

後段右:藤吉和男さん(筋肉料理人)【魚料理と簡単レシピ】

dt125kazuo.blog22.fc2.com

後段左はレシピブログさんの編集長さんです。

各部門別の表彰もありました。

部門別というのは、鍋つゆ、スパイス、野菜ジュース、食器用洗剤、オイスターソースでブログの記事を書いて、運営側が審査をして部門賞を決めるというもの。

協賛メーカーの方がスピーチをしていましたが、驚くほどのレシピが集まったそうです。

各受賞者の詳しい内容は公式HPを見ていただいて。

f:id:onikichikiFPN:20171110200347j:plain

パーティー会場での授賞式らしく、ドリンクはお酒(スパークリングワイン、ビール)またはソフトドリンクがありました。

f:id:onikichikiFPN:20171110200403j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200349j:plain

料理はビュッフェスタイルで提供されていました。

f:id:onikichikiFPN:20171110200402j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200401j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200400j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200359j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200357j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200356j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200355j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200354j:plain

参加者はさすがブロガー、皆さん料理をバシバシ写真におさめていました。

f:id:onikichikiFPN:20171110200350j:plain

f:id:onikichikiFPN:20171110200351j:plain

イベントの内容をSNSで投稿するとクッキーがもらえました。

f:id:onikichikiFPN:20171110200352j:plain

ブログは交流する場があると、「ちゃんと存在する人なんだ!」と気持ちが燃えて、ファンを集められるんですね。

受賞した方以外にも有名ブロガーの方々を何人かお見かけしました。

お土産も沢山いただきました。せっかく頂いたので料理に使っていきたいです。

f:id:onikichikiFPN:20171110200346j:plain

レシピブログをやっている方は時間の都合さえあえば、参加した方がお得ですね。

来年も行われるのでしょうか、チェックしておこうと思います。

レシピブログアワード2017考察

以下、に参加してみて感じたことです。

料理を作る人はスマートな方が多い。

「料理をする人は体系がふっくらしていた方が、作る料理がおいしそうに見える。」という話を聞いたことがあります。
仕事以外でも食べることが好きで、試作試食をよくしたりするのでついつい体重が増えがち。そんなイメージがあったのですが、表彰を受けた方々は皆さんとてもスマート
料理する人は太ってなくてもいいんだという安心感よりも、食べて得るカロリーよりも、活動して消費するエネルギーの方が多いんでしょうね。
料理をしてブログを書いているだけではないことは、受賞した方々のブログを見れば明らかです。
サイトのデザインやネーミング、使っている写真、各ページへの動線が事細かに考えられています。事務的にレシピを考えて、作って、写真を撮ってアップしているだけじゃないってことですね。
想像ですが、レシピブログさん以外のメディアともコンタクトをされているんでしょう。行動を積み重ねた結果がブログに表れており、活動量の多さを物語っています。
さすがです!

簡単、時短にニーズが偏る。

「時間をかけずに簡単に作れるレシピ」というフレーズが受賞者の方や、レシピブログの方、協賛企業の方のスピーチから出てきたのが目立ちました。

レシピブログさんには約500万のレシピが集まっているということですが、レシピブログを見に来た人は、500万レシピを全て見ているワケではなく、検索をして自分の作りたいレシピを見つけます。
「時間をかけずに簡単に作れるレシピ」に人気が集中しているということは、難しい料理を作りたい人、時間をかけて料理を作りたい人は少ないということですよね。

本屋さんに並んでいる料理本を眺めると、時短、作り置きにニーズが高まっていることが感じます。料理に時間をかけたくない人が多いということなのでしょう。

時間をかけて美味しいものを作れるニーズに応えたレシピではなく、レシピを読んだ時に頭の中で作ることができる料理でなければニーズに応えたレシピにはならないということです。

「時短」は「要領がいい」と評価されますが、「手抜き」は「楽をしてる」と評価されてしまうので、「(作る側にとっては)簡単なんだけど、(食べる側にとっては)簡単に見えない」料理が求められているということですね。

Instagramが人気なのは、盛り付けの技術で「(食べる側にとっては)簡単に見えない」料理にしやすいからでしょう。

そこのニーズをガッチリ掴んだ人が賞に選ばれたのかな、と感じました。

レシピブログを扱うプラットフォームを今後はどう活かすか。

今回のレシピブログアワードにはいくつかの企業さんが協賛をしているのは上に書きましたが、調味料を商品を作っている側ですら、「想像してなかったレシピが出てきている」と壇上で話していました。

調味料を作っているメーカーさんですら、です。
調味料というのは味の組み合わせなので、そこへ新しい味を加えれば、当然ながら元々の調味料から味は変わります。

味のバリエーションは、料理する人の数が多ければ、新しい発見につながる可能性が増えるので、調味料メーカーがレシピブログさんでモニターを募集し、ブログに書いてもらうということは合理的な判断だと言えます。

今のレシピブログさんのモニターでは、

  • ブログを書いている人にとってはモニターで調味料を貰えて嬉しい。
  • ブロガーで調味料を紹介してもらえば宣伝になるのでメーカーにとっては嬉しい。
  • レシピブログさんは投稿されるブログが増え、外部からの検索で流入してくるユーザーが期待できるので嬉しい。

という構図に今のところなっています。

しかし、現状ですと、ある調味料では特定のメーカーしかモニター商品にならない。
数ある調味料の中でオススメな理由がブログでは書けないのです。例えば、スポーツ選手が契約しているスポーツ用品メーカーのウェアしか着れないのと同じです。

ホントはオススメではないけれど、モニターでもらったから記事を書かなければならない、というのが現状なのではないでしょうか。

「オススメじゃない場合は、ブログを書かなくて結構です。その場合は返品してください。」と言える方が紹介されるブログの信頼は上がると私は考えます。

レシピブログさんには既に約500万のレシピがある現時点で、量は十分だと考えます。

レシピブログさん以外にもレシピブログのプラットフォームとなっているサイトがいくつかありますが、レシピの量を集めたその後にどう展開していくかが問われているのではないでしょうか。

それはレシピブログさんだけではなく、料理のレシピをブログに書いている我々にも問われているように今回のレシピブログアワード2017に参加して感じました。

最後に

自分のブログをどのように展開していこうかを戦略を考えさせてくれるとても良い機会でした、レシピブログさんありがとうございました!

受賞された方々、本当におめでとうございます!

----

このブログについてのご感想、イベント取材依頼、レシピを作る時に「うちの調味料を作ってみてよ。」というご要望をお待ちしております。
お問合せはこちら。

このブログを運営している人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!フォローよろしくお願いいたします!

【さめ】ノンフライヤーがあれば食べごたえのある「唐揚げ」

モウカサメの唐揚げ

https://www.instagram.com/p/BbOCnzjjMYO/

 切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

材料:モウカザメ (2切れ)
   醤油    (大さじ2)
   酒     (大さじ1)
   片栗粉   (大さじ2)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、ジップロックまたはビニール袋にモウカザメ、醤油、酒を入れ、空気を抜くように封をして、冷蔵庫で1晩おく。

2、片栗粉をまぶし、ノンフライヤーで180度を18分揚げて完成。

※一言
 とってもコストパフォーマンスの良いモウカザメ、大好きです!
 肉厚なので丸々唐揚げにすると食べ応えがありますよ!
 ノンフライヤーがあると、油はねを意識しなくて良いので楽チンです。

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鮫(さめ)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

唐揚げを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!

【ぶり】寒くなってきたからこそ食べたい定番の「ホイル焼き」

鰤の味噌ホイル焼き

切り身ニスト(切り身魚料理研究家)・すぎまのおすすめレシピ!

https://www.instagram.com/p/BbOB-04Digc/

 材料:鰤      (1切れ)
   えのきだけ  (1/4本)
   にんじん   (1/3本)
   アスパラガス (1本)
   味噌     (大さじ1)
   砂糖     (大さじ1)
   みりん    (大さじ1/2)

材料は以上です。

作り方は・・・

1、鰤に振り塩をして15分おき、水気をふき取る。
  えのきだけは根元を切り落とし、ほぐしておく。
  にんじんは皮をむき、3mm幅の薄切りに切る。
  アスパラガスは1cm幅のに斜めに切る。

2、アルミホイルを30cm位にしき、くっつくのを防ぐために油をしき、えのきだけの上に鰤をおき、鰤にみそ、砂糖、みりんの合わせ調味料を塗り、にんじん、アスパラガスを鰤の横に添えてアルミホイルで包む。

3、魚焼きグリルで15分蒸し焼きして、完成。

※一言
 下に野菜を敷いて、味は味噌ダレにしました。
 冬が近づくと鰤に脂がのってきておいしいですよ。
 寒い時期に鰤のホイル焼きは季節を感じます(^^)

 

料理を作ってみたご意見や、このブログについてのご感想、「うちの調味料を使ってみませんか?」というモニター依頼、イベント取材のご連絡、お待ちしております。
お問合せはこちら。

--
鰤(ぶり)の他の調理法はこちらをクリック

www.kiriminist.com

ホイル焼きを作った他の切り身魚はこちらをクリック

www.kiriminist.com

--

このレシピで作った人について。

www.kiriminist.com

Facebookページあります!

よろしくお願いいたします!